菌と発酵 
   


<無発酵パン>
森:(略) 我が家の場合は、生活を中心にする。例えば、いいのは料理なんですね。食い物に一番弱い。大人もそう、食い物が一番です。ま、何でもいいから作っちゃうのね。

うちは子どもが幼児の時、無発酵パンを作ったんですね。無発酵パンを作った場合、こねて成形するでしょう。その時に、単なる丸じゃなくて、ドーナツをふざけて作ったの。それとあと、やってるうちに「あー、魚だ。」とか言ってね。ナイフや竹のへらを使って刻みながら…。なんかこう鱗をつけて、目玉をチョンとやると魚に見える。まあまあのを写真とってありますけど。そういうのやると、おもしろくて、どんどん子供はやる。それはもう、造形に入るのかどうか解らないけど、粘土代わりですね。

それと、無発酵パン、けっこう味がいいんですよね。よく噛むし、歯にもいいですね。堅くて。それとね、保存食的に、デパートなんかに行ったとき、それをしっかり持って行く。幼児ぐらいでも、お昼ご飯を食べて出かけても、また腹が減るから、階段とかにこしかけて、ポリポリ食べて。おやつ代わりにもなるし、昔の戦争でいうと、乾パンみたいなの、あんな感じの使い方をしていました。

<発酵と腐敗>
それ以外に、日常いろいろ料理をやりますね。そこに人類の遺産としての、知的なものをからませていきます。例えば発酵の話をします。

甘酒なんかの場合、子どもは、なんでこれで甘くなるのか不思議なのね。その時は、目に見えないバイキンさんが、ムシャムシャ食べて、そのウンチとかオシッコとか出て、それがこうやっておいしくしてくれるんだと、最初は説明するのね。不思議な感じがするよね。あと、ゴミの方は、似たようなバイキンさんだけど、バイキンさんが出すものがまずいから、あんなに臭いんだ、とね。だけど、親戚なんだ、という風な話をする。

発酵現象と腐敗現象、中身は一緒なんだと。それは、パスツールが発見したんですよね。ワインが酸っぱくなって、